お知らせ
  

 
「逸久-Ikyu」は、日本の伝統手工業である大阪・堺の包丁を中心とした価値ある商品を世界のお客様に販売しています。
日本の熟練職人が、一つ一つハンドメイドで作り出す入魂の商品は、買われた方への「所有の喜び」を約束します。

  • 逸久-Ikyuブランドイメージ001
  • 逸久-Ikyuブランドイメージ002
  • 逸久-Ikyuブランドイメージ003
  • 逸久-Ikyuブランドイメージ004
  • 逸久-Ikyuブランドイメージ005
  • 逸久-Ikyuブランドイメージ006
  • 逸久-Ikyuブランドイメージ007
  • 逸久-Ikyuブランドイメージ008

逸久-ikyu~Japan Avenue 逸久-ikyu~Amazon-shop  逸久-ikyu~ebay-shop  逸久-ikyu~Wbuybuy-shop
逸久-ikyu~Wbuybuy-food  逸久-ikyu~Wbuybuy-kitchen  逸久-ikyu~Wbuybuy-cosme
和包丁とは
和包丁とは

和包丁は、江戸時代に形状や製造が確立されたと言われています。
機械文明の発達した現在でも、手作業での製造方法、鍛錬方法が受け継がれ、その切れ味に魅了された世界各地の調理師に愛用されています。
日本料理では切った断面の美しさも重視する事から切断面に重きを置いています。
鋭く切れる包丁が無くては日本料理が成立しないと言っても過言ではありません。
調理を極める為にも用途、食材に合わせて多くの専用包丁が存在します。
鋭い切れ味を持った包丁を使う事は、最高のレシピを得る事に匹敵します。
所有する事で高いスキルを得る事が出来る道具の一つである事から、一流の料理人は最良の包丁を探し求めます。


逸久-ikyu~Japan Avenue 逸久-ikyu~Amazon-shop  逸久-ikyu~ebay-shop  逸久-ikyu~Wbuybuy-shop
逸久-ikyu~Wbuybuy-food  逸久-ikyu~Wbuybuy-kitchen  逸久-ikyu~Wbuybuy-cosme

 

鍛治師四代目土井逸夫
土井逸夫さん包丁のページ

日本、大阪堺市からの驚きの和包丁!
一流の包丁職人、土井逸夫プロデュース。
「逸久-Ikyu」は、日本のみならず、世界中のシェフから最高の評価を得ている鍛治師四代目土井逸夫と、
彼の幼馴染の花尻久裕がデザインプロデュースする和包丁のブランドです。
1つ1つ丁寧に作られた和包丁に日本文化が融合された商品を多数展開しております。


逸久-ikyu~Japan Avenue 逸久-ikyu~Amazon-shop  逸久-ikyu~ebay-shop  逸久-ikyu~Wbuybuy-shop
逸久-ikyu~Wbuybuy-food  逸久-ikyu~Wbuybuy-kitchen  逸久-ikyu~Wbuybuy-cosme

 

堺刃物の製造について

堺刃物は、鍛冶屋、刃研屋、柄屋などに分かれて職人毎に工場を持ち、分業制で製造されています。
その為、各職人が自身に与えられた仕事に全力を注ぐので、高品質の良い包丁が生み出されます。
その中でも、包丁の刃という最重要部分を担う、土井刃物(土井逸夫氏)が造る包丁は、唯一伝統的な製法を守っており、世界各国から指定で制作依頼が来ます。


逸久-ikyu~Japan Avenue 逸久-ikyu~Amazon-shop  逸久-ikyu~ebay-shop  逸久-ikyu~Wbuybuy-shop
逸久-ikyu~Wbuybuy-food  逸久-ikyu~Wbuybuy-kitchen  逸久-ikyu~Wbuybuy-cosme

 

和包丁ができるまで
和包丁ができるまで

【火造り】
包丁を製造するときの最初の工程です。軟鉄と鋼を接合し、形を作る作業で、火花が飛び散る鍛冶屋の印象的な光景はこの作業中の風景です。軟鉄と鋼の隙間が真空状態 になるようにハンマーでたたいていく作業です。良い鍛冶師は高温ではなく接合できるギリギリの低温で火造りを行い、切れ味が良く耐久性の優れた包丁に仕上げます。軟鉄と鋼の分かれ目が鮮やかに分かれている包丁ほど低温で接合されていることを意味します。
【焼き入れ】
和包丁は「焼き入れ」という作業をして初めて包丁になります。火造り作業で熱した包丁を水や油で焼き入れします。堺の和包丁はすべて水で焼き入れを行います。水で焼き入れすると急冷されるので硬度の高い包丁ができます。
【焼き戻し】
焼き戻しとは、鋼に粘りをだす作業です。急冷した鋼を再度、低温で熱してゆっくり冷ますことで粘りが出てきます。この作業で包丁の刃が欠けにくく、鋭い切れ味の包丁が出来上がります。
【冷鍛錬】
焼き戻し作業後の冷えた包丁を鍛える作業で、今日では機械ハンマーで行われることが多くなっていますが、職人が手作業でハンマーの音を聞きながら刃元から刃先まで丁寧に縦方向、横方向に叩き締めることで、網目のように包丁が締り、より歪みやねじれに強い包丁に仕上ります。火造りの作業よりも冷鍛錬の作業に時間をかける鍛冶屋が良い包丁を作るといわれています。実際にこの手作業を今なお貫いているのは土井逸夫だけといわれています。  

究極の包丁とは、硬く、粘りのある包丁です。この二つ(硬さ・粘り)を共存させることが職人達が目指す最終的な包丁であるといえます。


逸久-ikyu~Japan Avenue 逸久-ikyu~Amazon-shop  逸久-ikyu~ebay-shop  逸久-ikyu~Wbuybuy-shop
逸久-ikyu~Wbuybuy-food  逸久-ikyu~Wbuybuy-kitchen  逸久-ikyu~Wbuybuy-cosme

 

会社案内
会社案内

 

販売元  : G.T.R. Fashion Supply
所在地  :
〒542-0081 大阪市中央区南船場2丁目11番12号 アオヤマビル10F-B
電話番号 : 06-4963-3322
営業時間 : 10:00 - 17:00
定休日  : 土・日・祝日
URL : http://ikkyu-japanavenue.com/
blog : http://ikyu-japan.blog.jp/
Facebook : https://www.facebook.com/Ikyu.JapanAvenue/
Twitter : https://twitter.com/Ikyu_Japan

運営者 : さくらトレーディング
責任者 : 奥村 康子
所在地 : 
〒581-0085 大阪府八尾市安中町4-2-16-403

 


逸久-ikyu~Japan Avenue 逸久-ikyu~Amazon-shop  逸久-ikyu~ebay-shop  逸久-ikyu~Wbuybuy-shop
逸久-ikyu~Wbuybuy-food  逸久-ikyu~Wbuybuy-kitchen  逸久-ikyu~Wbuybuy-cosme

 

お問い合わせ
和包丁ができるまで

商品やご注文に関するお問い合わせは、お電話かこちらのフォームよりご連絡ください。
確認出来次第、折り返しご連絡させていただきます。
なお、混雑状況によって、返信が遅れる場合もございますので、予めご了承ください。

【お問い合わせ】

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

お名前 ※必須
ご住所
電話番号(半角) ※必須
メールアドレス(半角) ※必須
性 別 男 
サイトを知ったきっかけ 友人・知人から聞いて  Google検索 Yahoo!検索
ブログから facebook twitter 広告 その他
ご用件
お問い合わせ内容

 

※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください


逸久-ikyu~Japan Avenue 逸久-ikyu~Amazon-shop  逸久-ikyu~ebay-shop  逸久-ikyu~Wbuybuy-shop
逸久-ikyu~Wbuybuy-food  逸久-ikyu~Wbuybuy-kitchen  逸久-ikyu~Wbuybuy-cosme

 


逸久-ikyu~Japan Avenue 逸久-ikyu~Amazon-shop  逸久-ikyu~ebay-shop  逸久-ikyu~Wbuybuy-shop
逸久-ikyu~Wbuybuy-food  逸久-ikyu~Wbuybuy-kitchen  逸久-ikyu~Wbuybuy-cosme

ページ上部へ